服 バッグ おしゃれ

ヘアタオルが便利すぎる

休日は買い物をするのが我が家の日課になっている。

 

 

と、いうのも重いものを購入したりするのにはやっぱり車が必要で運転しない私は必然的に夫を運転手にすることになるからだ。

 

 

でも、夫と子供と買い物に行くとかなりのお金を使うことになる。

 

 

3人で代わる代わるあれを買え!これを買え!と要求してくるから。

 

 

夫の要求はだいたいフルーツ。

 

 

スイカだったり、さくらんぼだったりキウィだったりブドウだったり。

 

 

思わず「子どもか!」と突っ込みたくなる。

 

 

子どもは「お菓子、おもちゃ、ガチャガチャ」の3つしか言わない。

 

 

まとめ買いのメモを持ちあれやこれやと考えながら買い物をする私にとってとてもめんどくさい3人だ。

 

 

仕方がないので、夫に1000円を握らせ、子どもとともに買い物中は放置することにしている。

 

 

仲良し3人はマクドナルドに行ったり、本屋さんに行ったりガチャポンをしたりと自由にしている。

 

 

最近その自由時間に次女が(我が家にとって)大ヒット商品をゲットした。

 

 

なめこ栽培の500円くじというものがおもちゃやさんにあったらしく次女が「なめこする〜」と言いだしたそうな。

 

 

そこでくじを引いたところ2本だけしか入っていないヘアタオルをゲットしたのだ。

 

 

次女はくじ運が強く「これが欲しい!」と予告して大抵は予告したものを当てる。

 

 

今回もヘアタオルをなめこの帽子と勘違いしていたようで「これ!」と予告をして見事ゲットしたらしい。

 

 

さて、そのヘアタオル。

 

 

単純な構造で、吸収性の高いタオル地を使用した帽子型のものなのだが、これがかなり便利。

 

 

お風呂上がりにすっぽりと頭にかぶせてゴシゴシとするだけでかなりの水分が吸収されるのだ。

 

 

髪に水分が残っている状態が一番髪の健康にはよくないというのはかなりの人が知っていることだと思う。

 

 

だからといってドライヤーの熱風も髪の大切な水分まで奪い取ってしまうのでこれまた良くない。

 

 

じゃあどうすればいいの?と思う。

 

 

どうやら、一番髪の毛に優しい方法は最初にタオルドライをすることらしい。

 

 

髪を傷めない程度にタオルドライした後にモロッカンオイルなどの保湿成分を含んだトリートメントを塗り込む。

 

 

その後、ドライヤーの熱で優しく栄養を髪に封じ込めてあげるのがベストなのだそうだ♪

 

 

そうなれば、今回次女がゲットしたヘアタオルはかなりの逸品であると言える。

 

ヘアタオル

 

かぶってポンポンとたたくだけできれいに水分がとれるのだから、その後すぐにオイルとドライヤーでサラサラの髪の毛になるのだ。

 

 

実際長女はこの方法でお風呂上がりのドライヤーと、翌朝のスタイリングがかなり楽になった。

 

 

私も、お風呂上がりになめこタオルを頭にかぶり、化粧水などを顔に塗り込んでいるうちに適度な水分が吸収され、手早くドライヤーをかけることができるのだ。

 

 

ただ、大きな問題が一つある・・・。

 

 

それはこのタオルが次女のものだということ。

 

 

使う時には「次女ちゃん、かりていい?」とお伺いを立て、許可が出ない限り使えない。

 

 

許可が下りるのは次女が一度かぶってからじゃないと無理なので、非常にめんどくさいのだ。

 

 

次女は薄毛なので、お風呂から上がった瞬間には髪の毛は乾いている。

 

 

そんな次女がなめこタオルをかぶると、それもうただのなめこの化け物なのだ。

 

 

なめこの化け物に「使っていいですか?」と聞かなければいけないとは何事か?

 

 

もう全く意味が分からないが、きれいな髪の毛を保つため、長女と母は毎日なめこの化け物に使用許可のお伺いを立てているのである。

 

 

ちなみに、お風呂あがりはこちらで紹介している
ごぼうちゃを楽しんでいます(´∀`)

 

⇒ 今さらだけど、ごぼう茶が私のブームです